和久傳

高台寺和久傳

熊肉の上等な脂を愛でるために、熊鍋や白味噌仕立てのお椀をご用意しております。熊の脂は牛肉や豚肉のそれとは全く違います。脂自体に肉のような繊維があり、噛みしめるほどに深み出るのものです。高台寺和久傳でこの時期お出ししているのは、冬眠前に最も脂を蓄えた熊肉です。

蟹コースの流れの中では、和久傳特製のからすみ餅と共に、さつまいもやかぶ、小さく甘いオニオンヌーボー、近江こんにゃくなどを炭火焼きにし、木の実のたれをかけてお楽しみいただいております。蟹コースは3月20日ごろまでお召し上がりいただけます。

2016年11月7日(月)
~2017年3月20日(月)
丹後半島の間人港でたった5隻の小型船による漁によって水揚げされることから「幻の蟹」と呼ばれる稀少な間人蟹。備長炭で炙り、つめ酒、甲羅酒、蟹雑炊などでもお召し上がりいただけます。【蟹焼コース45,000円(税サ込)】

座敷

  • 1階【囲炉裏の間】8帖 4〜8名

座敷

  • 1階【南の間】6帖+洋間 4〜6名

座敷

  • 1階【カウンター】6席

座敷

  • 2階【広間】20帖 8〜12名様

座敷

  • 2階【北の間】8帖+4帖 4〜6名様

座敷

  • 2階【茶室】5帖半 2〜4名様

軒先の梅のつぼみが、一輪一輪ほころびはじめる季節の到来です。本格的な春への期待も高まる一方で、冬から続く滋味珍味をいまだ味わえるという、喜ばしい時季でもあります。高台寺和久傳ではお部屋を暖かくし、春隣を感じさせるお料理を揃え、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

申し訳ございませんが、このページは印刷できません。