和久傳

高台寺和久傳

夏を越し2年近くかけて育てられる丹後とり貝は、一般的なとり貝と比べると驚くほど大きく肉厚で、歯ごたえも抜群です。高台寺和久傳では梅雨から初夏にかけ、噛むほどに貝の甘さが広がるその特別な味わいを、お造りや野菜鍋でご堪能いただいております。

高台寺和久傳では、琵琶湖で採れる良質な鮎を、年明けの稚魚から紅葉の頃の子持ち鮎までさまざまな料理でお出ししております。この季節の鮎は骨もやわらかく、ほんのりとした苦味が特徴です。炭火でこんがり焼いてお出ししております。木の芽を加えた合わせ酢でお召し上がりください。

夏にかけて瀬戸内で水揚げされるぷくっと身が厚い目板がれいは、薄造りにすると最高のひと品となります。最上級のかれいが持つコリコリした歯ごたえは、ごく薄く切っても存在感があり、一方、食べるとコクを感じながらもさらりとしていて、透明感のある味わいをお楽しみいただけます。

信州を中心に摘まれた天然の山菜は、その力強い味わいと風味を生かすため、高台寺和久傳では、極力手を加えずにお出ししております。シンプルながらも細心の注意と払いながらお作りするおひたしや天ぷらから、青々としげる山の風景を感じていただけるかと思います。

座敷

  • 1階【囲炉裏の間】8帖 4〜8名

座敷

  • 1階【南の間】6帖+洋間 4〜6名

座敷

  • 1階【カウンター】6席

座敷

  • 2階【広間】20帖 8〜12名様

座敷

  • 2階【北の間】8帖+4帖 4〜6名様

座敷

  • 2階【茶室】5帖半 2〜4名様

日照時間が一番長くなるのは夏至日ではありますが、日暮れの早い冬を思うと、春の暮れですらゆっくりと遅く感じられるものです。この時期、早めにお越しいただく夕時の町屋の美しさは格別です。 遅き日や谺きこゆる京の隅 蕪村『夜半叟句集』

申し訳ございませんが、このページは印刷できません。