和久傳

高台寺和久傳

2017年11月7日(火)
~2018年3月20日(火)
丹後半島の間人港でたった5隻の小型船による漁によって水揚げされることから「幻の蟹」と呼ばれる稀少な間人蟹。備長炭で炙り、つめ酒、甲羅酒、蟹雑炊などでもお召し上がりいただけます。【蟹焼コース45,000円(税サ込)】

間人(たいざ)港で獲れる雌のずわいがには資源が厳しく保護され、寒い時期のほんのいっときしか食べることのできない、海の宝です。甘くふくよかな脚の肉、香ばしさを感じる内子や外子を甲羅にぎゅっと詰めてお出ししております。高台寺和久傳では、蒸し立てのあつあつを、たれなど何も付けずにそのままでお楽しみいただいております。ご提供できるのは年内のみになります。

炭火でじっくりと焼いたなすは、ガス火で焼いたなすとは違い、甘みが増し食べ心地はふっくら、最高のひと皿を生み出します。シンプルだからこそ、ごまかしのきかない料理。それだけに、火の入れ方には細心の注意を払っております。

高台寺和久傳の玉子豆腐は、卵液を通常よりも低温で火入れしているため、箸で触るとふるふると揺れるほど、やわからで、なめらかです。冷たい状態でお出しし、“あん”をかけてお召し上がりいただいております。

高台寺和久傳に届き始めた山の恵み。松茸はもちろんのこと、うま味の強いたまご茸や、正源寺(しょうげんじ)と呼ばれる天然茸、ふうせん茸などもお出ししております。珍しい秋の香りをたっぷりとお楽しみください。

座敷

  • 1階【囲炉裏の間】8帖 4〜8名

座敷

  • 1階【南の間】6帖+洋間 4〜6名

座敷

  • 1階【カウンター】6席

座敷

  • 2階【広間】20帖 8〜12名様

座敷

  • 2階【北の間】8帖+4帖 4〜6名様

座敷

  • 2階【茶室】5帖半 2〜4名様

申し訳ございませんが、このページは印刷できません。