イセヒカリ 稲刈りツアー イセヒカリ 稲刈りツアー

和久傳

2019.09.16

イセヒカリ
稲刈りツアー

イセヒカリ
稲刈りツアー

和久傳発祥の地、京丹後にて黄金色に輝く立派な稲に成長した「イセヒカリ」。
今年も「イセヒカリ」稲刈りツアーを開催させていただきます。お米作りを通し、育み食す大切さを皆さまにお伝えしたく丹後市野々の地にて皆さまをお待ちしております。
Read more >

和久傳発祥の地、京丹後にて黄金色に輝く立派な稲に成長した「イセヒカリ」。
今年も「イセヒカリ」稲刈りツアーを開催させていただきます。お米作りを通し、育み食す大切さを皆さまにお伝えしたく丹後市野々の地にて皆さまをお待ちしております。
Read more >

魚をいちばんに考える 魚をいちばんに考える

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.09.11

魚をいちばんに考える

魚をいちばんに考える

ぱたぱたと身を打ち付ける鯛が、広げられた腕に向かってすーっと競り台の上の海水を横切ってくる。競売人が手鉤を打ち、一瞬で取引が成立する。なめらかなひとかきで、魚は新鮮な海水の入った生け簀に戻される。
Read more >

ぱたぱたと身を打ち付ける鯛が、広げられた腕に向かってすーっと競り台の上の海水を横切ってくる。競売人が手鉤を打ち、一瞬で取引が成立する。なめらかなひとかきで、魚は新鮮な海水の入った生け簀に戻される。
Read more >

和久傳と日本のウィスキー 西田稔氏を迎えて 和久傳と日本のウィスキー 西田稔氏を迎えて

室町和久傳

2019.09.07

和久傳と日本のウィスキー
西田稔氏を迎えて

和久傳と日本のウィスキー
西田稔氏を迎えて

少し肌寒くなってくるこの季節、透明なお酒より琥珀色のウイスキーが恋しくなります。室町和久傳にK6西田稔氏をお迎えして、初秋の恵みとの組み合わせそして日本のウィスキーの「本当の価値」を存分に楽しんでいただく夕べを開催いたします。
Read more >

少し肌寒くなってくるこの季節、透明なお酒より琥珀色のウイスキーが恋しくなります。室町和久傳にK6西田稔氏をお迎えして、初秋の恵みとの組み合わせそして日本のウィスキーの「本当の価値」を存分に楽しんでいただく夕べを開催いたします。
Read more >

9月 9月

京都和久傳

2019.09.04

9月

9月

空気が澄んで、一年で最も月が美しく見える日、十五夜。神社やお寺では月見の神事や宴が行われます。お月見は収穫祭の意味もあり、月にお供えし、神様に豊作の礼をする大切な行事です。多くの実りを口にして日々を過ごす私たち。感謝の気持ちをもって食したいものです。今月の京都和久傳では「すっぽんのお椀」「鯛 蕎麦の実蒸し」などをご用意してお待ちしております。
Read more >

空気が澄んで、一年で最も月が美しく見える日、十五夜。神社やお寺では月見の神事や宴が行われます。お月見は収穫祭の意味もあり、月にお供えし、神様に豊作の礼をする大切な行事です。多くの実りを口にして日々を過ごす私たち。感謝の気持ちをもって食したいものです。今月の京都和久傳では「すっぽんのお椀」「鯛 蕎麦の実蒸し」などをご用意してお待ちしております。
Read more >

一瞬を手にする 一瞬を手にする

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.08.06

一瞬を手にする

一瞬を手にする

橋田実佐子は日陰でスツールに座り、膝に置いた新しい竹の徳利を磨いている。そして腕を伸ばし、きれいにゆすがれた筒を持ち上げる。竹の円周を辿るなめらかな縁は、わずかに傾斜している。筒がエメラルドグリーンに輝く。青竹には水をたたえた重みがある。水が染み込んだ竹は、佇まいがすきっとしている。そこには、夏の日に一口の冷たい水を飲んだ時のような、心を落ち着かせる力がある。
Read more >

橋田実佐子は日陰でスツールに座り、膝に置いた新しい竹の徳利を磨いている。そして腕を伸ばし、きれいにゆすがれた筒を持ち上げる。竹の円周を辿るなめらかな縁は、わずかに傾斜している。筒がエメラルドグリーンに輝く。青竹には水をたたえた重みがある。水が染み込んだ竹は、佇まいがすきっとしている。そこには、夏の日に一口の冷たい水を飲んだ時のような、心を落ち着かせる力がある。
Read more >

8月 8月

京都和久傳

2019.08.04

8月

8月

猛暑が続きます。京の街では、各家の前に打ち水をして暑さを凌ぐ工夫に、風情があります。京都の8月といえば五山の送り火。お盆の精霊を送る伝統行事です。焦がれた山に手を合わせ御精霊への思いをはせる。火が消えた後の闇の深さに、夏の終りを惜しみ、秋の訪れを感じます。今月の京都和久傳では、「鱧と翡翠茄子」「無花果の白味噌あん」などをお楽しみいただけます。
Read more >

猛暑が続きます。京の街では、各家の前に打ち水をして暑さを凌ぐ工夫に、風情があります。京都の8月といえば五山の送り火。お盆の精霊を送る伝統行事です。焦がれた山に手を合わせ御精霊への思いをはせる。火が消えた後の闇の深さに、夏の終りを惜しみ、秋の訪れを感じます。今月の京都和久傳では、「鱧と翡翠茄子」「無花果の白味噌あん」などをお楽しみいただけます。
Read more >