茶摘み 茶摘み

和久傳

2019.05.23

茶摘み

茶摘み

夏の暖かさを感じ始めると、新茶の季節が始まります。お茶の農家が収穫に忙しい中、山では野生の「茶の木」が見つかります。葉がお茶になる、小さな木です。柔らかい茎についた新芽は、簡単に摘むことができます。手で摘むことで、新しい芽だけを、かたちを損なわずに収穫します。
Read more >

夏の暖かさを感じ始めると、新茶の季節が始まります。お茶の農家が収穫に忙しい中、山では野生の「茶の木」が見つかります。葉がお茶になる、小さな木です。柔らかい茎についた新芽は、簡単に摘むことができます。手で摘むことで、新しい芽だけを、かたちを損なわずに収穫します。
Read more >

早苗田 早苗田

歳時記

2019.05.17

早苗田

早苗田

田植えを終えたばかりの田んぼは、雲を映して輝き、心もとない小さな苗が、風が吹けばいっせいにそよぐ。弥生時代から続く水田の風景です。丹後久美浜の山深く、湧き水を湛えた和久傳の田んぼでも、料理人やスタッフがお客さまと共に田植えをします。

田植えを終えたばかりの田んぼは、雲を映して輝き、心もとない小さな苗が、風が吹けばいっせいにそよぐ。弥生時代から続く水田の風景です。丹後久美浜の山深く、湧き水を湛えた和久傳の田んぼでも、料理人やスタッフがお客さまと共に田植えをします。

第2回 土の学校 「わらびと野ぶき」 第2回 土の学校 「わらびと野ぶき」

和久傳

2019.05.15

第2回 土の学校
「わらびと野ぶき」

第2回 土の学校
「わらびと野ぶき」

土の学校は、和久傳ノ森での体験を京丹後にお越しいただく方にお届けするためのワークショップです。
Read more >

土の学校は、和久傳ノ森での体験を京丹後にお越しいただく方にお届けするためのワークショップです。
Read more >

染屋の仕事 染屋の仕事

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.05.04

染屋の仕事

染屋の仕事

京都の染司よしおかの6代目、吉岡更紗は、静かな情熱と粘り強さで仕事に向き合う。休みの日でも彼女の手は落ち着かず、頭は仕事のことへと戻っていく。それは古代へと深く分け入っていくような仕事であり、未来を見つめる仕事でもある。
Read more >

京都の染司よしおかの6代目、吉岡更紗は、静かな情熱と粘り強さで仕事に向き合う。休みの日でも彼女の手は落ち着かず、頭は仕事のことへと戻っていく。それは古代へと深く分け入っていくような仕事であり、未来を見つめる仕事でもある。
Read more >

5月 5月

京都和久傳

2019.04.30

5月

5月

新緑の、葵祭。都大路を500名もの行列が平安絵巻さながらに練り歩く様は、京都ならではです。5月のコースには、丹後トリ貝または和牛の花山椒鍋、初鰹、毛ガニと賀茂茄子と蓴菜の冷やし鉢。香りと涼を感じてください。
Read more >

新緑の、葵祭。都大路を500名もの行列が平安絵巻さながらに練り歩く様は、京都ならではです。5月のコースには、丹後トリ貝または和牛の花山椒鍋、初鰹、毛ガニと賀茂茄子と蓴菜の冷やし鉢。香りと涼を感じてください。
Read more >

山と海の春 山と海の春

高台寺和久傳

2019.04.23

山と海の春

山と海の春

京都と奈良から天然の花山椒と木の芽が届いています。花山椒と丹波牛のしゃぶしゃぶに、初めての試みとして、木の芽も合わせて仕立てます。
Read more >

京都と奈良から天然の花山椒と木の芽が届いています。花山椒と丹波牛のしゃぶしゃぶに、初めての試みとして、木の芽も合わせて仕立てます。
Read more >