春の貝 春の貝

高台寺和久傳

2019.03.21

春の貝

春の貝

貝がふっくらと旨味を増してきました。大分の赤貝。北海道・苫小牧のつぶ貝。蛤や、みる貝。さっと湯に通して半生で、釜飯で、春野菜と合わせて…香りと食感が愉しい貝料理が登場してきます。

貝がふっくらと旨味を増してきました。大分の赤貝。北海道・苫小牧のつぶ貝。蛤や、みる貝。さっと湯に通して半生で、釜飯で、春野菜と合わせて…香りと食感が愉しい貝料理が登場してきます。

春分 春分

歳時記

2019.03.14

春分

春分

春分の頃は、他にも増して、季節の移りがからだにも気持ちにも作用するのを感じます。旧暦は太陽と地球との位置関係を元につくられていて、生きものとしての人の生理にも合っているように思います。それに沿って暮らしていくことは、理にかなったことなのではないでしょうか。三寒四温。差し込む光が、少しづつ、たしかに強まり、気がつくと春になっています。

春分の頃は、他にも増して、季節の移りがからだにも気持ちにも作用するのを感じます。旧暦は太陽と地球との位置関係を元につくられていて、生きものとしての人の生理にも合っているように思います。それに沿って暮らしていくことは、理にかなったことなのではないでしょうか。三寒四温。差し込む光が、少しづつ、たしかに強まり、気がつくと春になっています。

料理人は走る 料理人は走る

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.03.04

料理人は走る

料理人は走る

「ご馳走さまでした」。それが特別な料理屋でも、家の食卓であっても、私たちはこの言葉で食事を終える。一食への感謝を、馬を駆る人を思い浮かべる言葉で表す。それは食事自体だけでなく、その食事のために「走り回って」費やされた労力への感謝でもある。
Read more >

「ご馳走さまでした」。それが特別な料理屋でも、家の食卓であっても、私たちはこの言葉で食事を終える。一食への感謝を、馬を駆る人を思い浮かべる言葉で表す。それは食事自体だけでなく、その食事のために「走り回って」費やされた労力への感謝でもある。
Read more >

3月 3月

京都和久傳

2019.03.01

3月

3月

桃の節供は、もともとは女の子に限らず、流れる水で厄災を祓う行事です。いまも続く下鴨神社の流し雛。子どもの身代わりに人形を流し、健やかであることを祈ります。京都和久傳3月のコースには、「蛤と新若芽椀」「よもぎ餅と牛ロース 苦味あん」「貝寄せちらし」。きょうの無事を祝い、訪れる春を悦びます。
Read more >

桃の節供は、もともとは女の子に限らず、流れる水で厄災を祓う行事です。いまも続く下鴨神社の流し雛。子どもの身代わりに人形を流し、健やかであることを祈ります。京都和久傳3月のコースには、「蛤と新若芽椀」「よもぎ餅と牛ロース 苦味あん」「貝寄せちらし」。きょうの無事を祝い、訪れる春を悦びます。
Read more >

春のおもたせ 春のおもたせ

和久傳

2019.02.24

春のおもたせ

春のおもたせ

春は出会いと別れの季節。
新しい門出の御祝いに、お世話になった方へ感謝の想いを込めて、お祝い事やご挨拶におすすめのお品を揃えました。
Read more >

春は出会いと別れの季節。
新しい門出の御祝いに、お世話になった方へ感謝の想いを込めて、お祝い事やご挨拶におすすめのお品を揃えました。
Read more >

狩猟肉 狩猟肉

高台寺和久傳

2019.02.22

狩猟肉

狩猟肉

北陸の熊。九州の猪。シャラン鴨。野山を駆けた命が持つ熱を受け止め、手を加えすぎず、しっかりと香るセリなど、力のある春の野菜と合わせて、大切にいただきます。
Read more >

北陸の熊。九州の猪。シャラン鴨。野山を駆けた命が持つ熱を受け止め、手を加えすぎず、しっかりと香るセリなど、力のある春の野菜と合わせて、大切にいただきます。
Read more >