<年末年始のご案内>
各店舗のページにてご覧ください。
高台寺和久傳 室町和久傳 京都和久傳 五ーいつつ  はしたて

11月 11月

京都和久傳

2019.11.14

11月

11月

一年で最も京都が賑わう11月。木の葉の色の移り変わりは大変美しく、赤く染まった紅葉は赤い絨毯に変わり、自然が織りなす鮮やかな世界で京の町が染まります。今月の京都和久傳には、富田林の西板持から海老芋が届いています。蟹コースや、名残の松茸もご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。
Read more >

一年で最も京都が賑わう11月。木の葉の色の移り変わりは大変美しく、赤く染まった紅葉は赤い絨毯に変わり、自然が織りなす鮮やかな世界で京の町が染まります。今月の京都和久傳には、富田林の西板持から海老芋が届いています。蟹コースや、名残の松茸もご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。
Read more >

舵をとる 舵をとる

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.11.11

舵をとる

舵をとる

田中敏弘は、頭上でしなる竹の竿からマリオネットのように吊るされた大きな木枠を掴む。そして大きく息をして、その下にある液に差し込む。コウゾの皮からとった繊維を水で伸ばした溶液を、木枠の中のスクリーンに広げる彼の動きは音楽的だ。
Read more >

田中敏弘は、頭上でしなる竹の竿からマリオネットのように吊るされた大きな木枠を掴む。そして大きく息をして、その下にある液に差し込む。コウゾの皮からとった繊維を水で伸ばした溶液を、木枠の中のスクリーンに広げる彼の動きは音楽的だ。
Read more >

山粧う 山粧う

五 – いつつ

2019.11.11

山粧う

山粧う

新蕎麦の季節になりました。五(いつつ)では、北は北海道から、秋田、岩手、長野、富山、新潟、福井、京都、滋賀、長崎、宮崎、そして南は鹿児島まで、日本各地よりいただいております。山の空気をいっぱいに吸い込んだお蕎麦を、お楽しみください。心よりお待ち申し上げております。
Read more >

新蕎麦の季節になりました。五(いつつ)では、北は北海道から、秋田、岩手、長野、富山、新潟、福井、京都、滋賀、長崎、宮崎、そして南は鹿児島まで、日本各地よりいただいております。山の空気をいっぱいに吸い込んだお蕎麦を、お楽しみください。心よりお待ち申し上げております。
Read more >

間人蟹 間人蟹

高台寺和久傳

2019.11.07

間人蟹

間人蟹

今年も丹後半島から蟹が届きます。しっとりとした身質、香ばしさ、歯ごたえ…えも言われぬものがあります。特別、味付けはいたしません。シンプルな炭焼きです。蟹が持つ本来の甘みを愉しんでいただきたいと思います。
Read more >

今年も丹後半島から蟹が届きます。しっとりとした身質、香ばしさ、歯ごたえ…えも言われぬものがあります。特別、味付けはいたしません。シンプルな炭焼きです。蟹が持つ本来の甘みを愉しんでいただきたいと思います。
Read more >

心、からだ、人間であること 心、からだ、人間であること

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.10.09

心、からだ、人間であること

心、からだ、人間であること

ほんの数世代前まで、カツオを硬く乾燥させた鰹節はどこの台所にも必ずある大切なものだった。カンナの刃でそれを削り、ふわふわしたピンク色の削り節を一山をつくるのは子供の仕事で、母親がそれを使ってその日の出汁をひいた。
Read more >

ほんの数世代前まで、カツオを硬く乾燥させた鰹節はどこの台所にも必ずある大切なものだった。カンナの刃でそれを削り、ふわふわしたピンク色の削り節を一山をつくるのは子供の仕事で、母親がそれを使ってその日の出汁をひいた。
Read more >

実りの季節 実りの季節

高台寺和久傳

2019.09.25

実りの季節

実りの季節

秋分を過ぎ、少しずつ夜が長くなっています。丹波栗、銀杏、落花生…滋味深い味わいや香りを、ゆっくりと愉しむ時季となりました。
Read more >

秋分を過ぎ、少しずつ夜が長くなっています。丹波栗、銀杏、落花生…滋味深い味わいや香りを、ゆっくりと愉しむ時季となりました。
Read more >