料理の現場 「出汁」を終えて 料理の現場 「出汁」を終えて

室町和久傳

2019.07.11

料理の現場
「出汁」を終えて

料理の現場
「出汁」を終えて

山々の緑が深くなる頃。
京都では梅雨は何処へといった日が続く中、料理の現場「出汁」の日を迎えました。
 
テーマは「出汁」。
料理に欠かすことのできない出汁に向き合う中で、料理人がまず注目したのは水でした。
Read more >

山々の緑が深くなる頃。
京都では梅雨は何処へといった日が続く中、料理の現場「出汁」の日を迎えました。
 
テーマは「出汁」。
料理に欠かすことのできない出汁に向き合う中で、料理人がまず注目したのは水でした。
Read more >

ひと粒から生まれる恵み ひと粒から生まれる恵み

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.07.06

ひと粒から生まれる恵み

ひと粒から生まれる恵み

和久傳のふるさと、丹後半島の山の奥、地形が許す限りいちばん高いところに、棚田が作られている。そのさらに奥、野生のイノシシや鹿が徘徊する大きな森にある滝から、冷たい澄んだ水が流れ出て、田んぼを満たす。7月の高い空の下、田んぼの浅い水の中には、無数のおたまじゃくしが泳ぎ回っている。夏が進むにつれて緑は濃くなり、秋が近づくと重たい稲穂が緑の葉の間からこうべを垂れる。
Read more >

和久傳のふるさと、丹後半島の山の奥、地形が許す限りいちばん高いところに、棚田が作られている。そのさらに奥、野生のイノシシや鹿が徘徊する大きな森にある滝から、冷たい澄んだ水が流れ出て、田んぼを満たす。7月の高い空の下、田んぼの浅い水の中には、無数のおたまじゃくしが泳ぎ回っている。夏が進むにつれて緑は濃くなり、秋が近づくと重たい稲穂が緑の葉の間からこうべを垂れる。
Read more >

7月 7月

京都和久傳

2019.07.03

7月

7月

京の7月といえば、八坂神社の祇園祭。豪快かつ華麗な山鉾が今年も街を彩り、神輿や数々の神事が続きます。地元ではコンコンチキチンのお囃子を聴くと、梅雨明けを感じ、猛暑に備える心構えになります。鱧祭の異名を持つ祇園祭。京都和久傳では「瓜の冷し煮」「鱧寿司」などの鱧コースをご用意しております。
Read more >

京の7月といえば、八坂神社の祇園祭。豪快かつ華麗な山鉾が今年も街を彩り、神輿や数々の神事が続きます。地元ではコンコンチキチンのお囃子を聴くと、梅雨明けを感じ、猛暑に備える心構えになります。鱧祭の異名を持つ祇園祭。京都和久傳では「瓜の冷し煮」「鱧寿司」などの鱧コースをご用意しております。
Read more >

茅の輪 茅の輪

和久傳

2019.06.18

茅の輪

茅の輪

六月の禊。夏の暑さがはじまると心身が疲れ気力が衰え穢が付き易くなります。そのため昔は、川に水濯ぎして穢を祓い、茅の輪をくぐり熟瓜を食べて英気を養っていたそうです。
Read more >

六月の禊。夏の暑さがはじまると心身が疲れ気力が衰え穢が付き易くなります。そのため昔は、川に水濯ぎして穢を祓い、茅の輪をくぐり熟瓜を食べて英気を養っていたそうです。
Read more >

いくらかの安らぎ いくらかの安らぎ

Thread by Thread
プレイリー・スチュアート・ウルフ

2019.06.11

いくらかの安らぎ

いくらかの安らぎ

容赦のない夏が戻ってきた。訪れるものを十分にわかって予期していても、毎年、新しい厳しさを経験する。外に出ればうだるような暑さと過酷な湿度に迎えられ、粘度のある空気の中、絶え間ない蝉の声が降り注ぐ。エネルギーが衰えて、気が萎える。
Read more >

容赦のない夏が戻ってきた。訪れるものを十分にわかって予期していても、毎年、新しい厳しさを経験する。外に出ればうだるような暑さと過酷な湿度に迎えられ、粘度のある空気の中、絶え間ない蝉の声が降り注ぐ。エネルギーが衰えて、気が萎える。
Read more >

料理の現場 「茄子」 料理の現場 「茄子」

室町和久傳

2019.06.10

料理の現場
「茄子」

料理の現場
「茄子」

ご紹介制にて始まりました和久傳「料理の現場」。お客様にお出しするひとつひとつの料理が出来上がるまでに、料理人が何を想い、考え、つくり出して いるのか。料理の現場では、目の前で下処理から料理を皆様とともに作り上げてまいります。
Read more >

ご紹介制にて始まりました和久傳「料理の現場」。お客様にお出しするひとつひとつの料理が出来上がるまでに、料理人が何を想い、考え、つくり出して いるのか。料理の現場では、目の前で下処理から料理を皆様とともに作り上げてまいります。
Read more >