• 京都和久傳 京都和久傳
  • 京都和久傳 京都和久傳
  • 京都和久傳 京都和久傳
  • 京都和久傳 京都和久傳

京都和久傳Kyoto Wakuden

TEL. 075-365-1000

京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹11階 MAP


11時〜15時30分[最終入店 14時30分]
・支子  2,750円(限定20食)
・刈安  4,400円 ・蘇芳  6,500円
・紅花  9,500円 ・茜 12,000円
・おまかせ 15,000円/20,000円

 


17時〜22時[最終入店20時30分]
・蘇芳  6,500円 ・紅花  9,500円
・茜  12,000円
・おまかせ 15,000円/20,000円

定休日はジェイアール京都伊勢丹に準じます

*2019年10月1日以降のご予約より、上記の価格にて承ります。
*昼 支子2,700円・刈安 4,320円はご予約はお受けしておりません
*料金には消費税、サービス料が含まれます
*メンテナンス等の為、最終入店時間、閉店時間が早まることがあります。予めご了承ください。

京都和久傳
  地図中の矢印は一方通行を表しております

 

<電車のご利用>

JR線、近鉄線、市営地下鉄烏丸線京都駅下車駅構内よりジェイアール京都伊勢丹へ直結

<お車のご利用>

ジェイアール専用駐車場をご利用いただくと便利です。
※20時以降はジェイアール京都伊勢丹2階南エレベータよりお越し下さい

9月 9月

京都和久傳

2019.09.04

9月

9月

空気が澄んで、一年で最も月が美しく見える日、十五夜。神社やお寺では月見の神事や宴が行われます。お月見は収穫祭の意味もあり、月にお供えし、神様に豊作の礼をする大切な行事です。多くの実りを口にして日々を過ごす私たち。感謝の気持ちをもって食したいものです。今月の京都和久傳では「すっぽんのお椀」「鯛 蕎麦の実蒸し」などをご用意してお待ちしております。
Read more >

空気が澄んで、一年で最も月が美しく見える日、十五夜。神社やお寺では月見の神事や宴が行われます。お月見は収穫祭の意味もあり、月にお供えし、神様に豊作の礼をする大切な行事です。多くの実りを口にして日々を過ごす私たち。感謝の気持ちをもって食したいものです。今月の京都和久傳では「すっぽんのお椀」「鯛 蕎麦の実蒸し」などをご用意してお待ちしております。
Read more >

8月 8月

京都和久傳

2019.08.04

8月

8月

猛暑が続きます。京の街では、各家の前に打ち水をして暑さを凌ぐ工夫に、風情があります。京都の8月といえば五山の送り火。お盆の精霊を送る伝統行事です。焦がれた山に手を合わせ御精霊への思いをはせる。火が消えた後の闇の深さに、夏の終りを惜しみ、秋の訪れを感じます。今月の京都和久傳では、「鱧と翡翠茄子」「無花果の白味噌あん」などをお楽しみいただけます。
Read more >

猛暑が続きます。京の街では、各家の前に打ち水をして暑さを凌ぐ工夫に、風情があります。京都の8月といえば五山の送り火。お盆の精霊を送る伝統行事です。焦がれた山に手を合わせ御精霊への思いをはせる。火が消えた後の闇の深さに、夏の終りを惜しみ、秋の訪れを感じます。今月の京都和久傳では、「鱧と翡翠茄子」「無花果の白味噌あん」などをお楽しみいただけます。
Read more >

7月 7月

京都和久傳

2019.07.03

7月

7月

京の7月といえば、八坂神社の祇園祭。豪快かつ華麗な山鉾が今年も街を彩り、神輿や数々の神事が続きます。地元ではコンコンチキチンのお囃子を聴くと、梅雨明けを感じ、猛暑に備える心構えになります。鱧祭の異名を持つ祇園祭。京都和久傳では「瓜の冷し煮」「鱧寿司」などの鱧コースをご用意しております。
Read more >

京の7月といえば、八坂神社の祇園祭。豪快かつ華麗な山鉾が今年も街を彩り、神輿や数々の神事が続きます。地元ではコンコンチキチンのお囃子を聴くと、梅雨明けを感じ、猛暑に備える心構えになります。鱧祭の異名を持つ祇園祭。京都和久傳では「瓜の冷し煮」「鱧寿司」などの鱧コースをご用意しております。
Read more >