Thread by Thread

プレイリー・スチュアート・ウルフ

このエッセイは高台寺和久傳と、そこに関わる様々な作り手の営みを、季節を追って綴ります。一本一本糸を紡ぐように、和久傳の物語が見えてきます。

1 2
筆者紹介

プレイリー・スチュアート・ウルフ

料理が大好きな、文筆家、写真家。2007年に来日し、すぐに日本の食文化の深さと美しさに気づく。日本の食の素材、考え方、そして実践を生活の中で見つめるブログ「Cultivated Days(日々を耕す)」を記し続けている。

https://cultivateddays.co